内容を見てもらうために

ターゲットを絞り込んで

男性

商品やサービスの紹介をする販促ツールには、多くの種類のものがありますが、その中でチラシは特によく利用されています。写真やキャッチコピーが、視覚効果を考えて掲載されているので、インパクトが大きく、見た人の記憶に残りやすいからです。チラシは多くの場合は、新聞折り込みやポスティングといった形で配布されています。しかしこれらの場合、チラシの内容に目を通してもらえないことがあります。新聞やポストに、他のチラシと一緒に入っていることが多いので、1枚1枚確認する前にまとめて破棄する人が少なくないのです。そのことから近年では、チラシを見てもらうためにダイレクトメールを利用する企業が増えています。ダイレクトメールとは、個人宛てに発送するタイプのチラシです。封筒に入れて発送されることが多く、受け取った側には中身が詳しくはわからない仕組みになっています。そのため封を切って中身を確認する人が多く、その分ダイレクトメールは、問答無用で捨てられてしまうチラシと比較すると、宣伝効果が高いと言えるのです。またダイレクトメールの場合、ある程度ニーズをリサーチした上で発送されます。たとえば化粧品やエステのダイレクトメールなら女性宛てに、教材のダイレクトメールなら子供のいる世帯宛てにといった具合で、ターゲットがあらかじめ絞り込んであるのです。必要としている可能性が高い人に発送されるので、その点からも内容を見てもらえる可能性が高いとされています。

大量の方が効率的

宣伝

効率的にダイレクトメールを発送したい場合には、専門業者にやってもらいましょう。まず、専門業者をいくつかピックアップして、それぞれから見積もりを取ります。通常、ダイレクトメール一通の発送につき何円というように単価が決められているもので、1円というところもあれば、5円のところもあります。また、発送だけではなく、印刷や封入作業、宛名書きというように、トータル的に業務をお願いする場合には、もっと費用が高めになることもあります。探せば、安い単価で請け負っている業者もありますが、交渉次第で変動するので、業者は費用よりも信頼性で選びましょう。ダイレクトメールをただ投函してもらうという業務代行は滅多にありません。通常、封入作業など、トータル的に頼むことになります。当然、入れるものが多ければ多いほど、封入作業は時間がかかるので、枚数も考慮して見積もりを取ることになります。それから、発送までの作業がとても早く、正確に封入してくれる業者を選びましょう。何か不備があった場合、問い合わせ先は代行業務を依頼した企業になります。クレームが入らないようにするためにも、責任を持って正確に代行してもらえるところがお勧めです。一度、ダイレクトメールの発送業務を頼めば、どのような作業をしてくれるのか確認することができますが、事前に知りたければ評判を頼りましょう。評判から業者を選び、頼んでみて問題がなければ、定期的にその業者に頼んでみるといいかもしれません。何度も利用していると、単価が安くなり、提携ということになる場合もありますし、量が多いと単価が安くなるので、業者に頼んだ方がとても楽です。

効果的なPRの仕組み

はがき

継続的に商品やサービスを利用している固定客向けに行う効率的な宣伝の手法といえば、ダイレクトメールが有名です。その場合にはダイレクトメールの作成から発送までを行っている業者を活用するのが、スムーズに顧客に向けて情報を発信するコツです。封入する冊子や利用するハガキのタイプによって費用が異なるので、まず最初にダイレクトメール制作会社に、詳細な見積もりを出してもらうべきでしょう。また大ロットのダイレクトメールの印刷と発送を業者に依頼すれば、1通当たりの単価を下げることができます。そして郵送したパンフレットの反響を高めるためには、デザインを重視したり、発送のタイミングにもこだわる姿勢が肝心です。特に高価格帯の商品を販売する目的で、ダイレクトメールを発送する場合には、ボーナスシーズンの直前が絶好のタイミングです。けれども顧客向けに、パンフレットを郵送するだけではなくて、その後で宣伝効果を冷静に分析するのが理想的です。郵送後の顧客からの問い合わせの件数や、売り上げ金額の増加などのデータを活用するのが、広告宣伝の効果を客観的に評価するための基本です。更に、ダイレクトメールの制作と発送をトータルサポートする業者と話し合い、次のチャンスに向けて新たな宣伝の戦略を考えるべきです。ネットを使っていないシニア層も多いので、従来型のダイレクトメールを活用して地道にPRすることが、セールスにも結び付くでしょう。

ネット時代でも重宝

色見本

ダイレクトメールは、紙媒体の広告宣伝方法の一つです。インターネット広告が主流になっている今でも、ダイレクトメールの重要性は高くなっています。お得意様に送るダイレクトメールは、顧客を重要視する今の企業にとって大事な方法なのです。

もっと読む

内容を見てもらうために

男性

新聞折り込みやポスティングで配布したチラシは、見る前に捨てられてしまうことがあります。しかしダイレクトメールなら、受け取った側が封を切って中身を確認するので、その分宣伝効果が期待できると言えます。また女性や子供向けといった具合で、ニーズの有無でターゲットを絞り込んで発送できる点もメリットです。

もっと読む

士業の集客方法

はがき

税理士、弁護士といった士業の仕事であっても、最近では自力で集客を行わなければなりません。集客を行うツールとしてはホームページ以外にも、DMすなわちダイレクトメールがあります。DMによる集客を成功させる為にはDMリストの作成が重要であり、作成にあたっては顧客増を具体的に絞り込む必要があります。

もっと読む